目の下に出来てしまうクマをなくす|スッキリ目元美人

ヒアルロン酸注入の利点

医師と看護士

目の下のクマの要因にはいろいろなものがありますが、そのひとつに肝班があります。日本人女性の40%が持っているものです。これを治すには、従来は内服治療でしたが、現在はライムライト・スタックトレーニング法です。また、ヒアルロン酸注入法も効果的な治療です。

読んでみよう

最近話題の美容治療

女性

目の下にクマがあると、それだけで顔の印象が暗くなってしまうもの。女性としてはそんなクマをどうにかして治したいものです。そんな声に応えるべく、最近では治療のための美容施術が登場しています。クマの施術として最近人気なのがPRP治療。自分の血液を利用して手軽に受けられる画期的な治療です。

読んでみよう

施術内容とダウンタイム

鏡に写る女性

目の下のクマを治す方法はどんどん進化しています。以前は脱脂術が画期的な方法でしたが、今はいろいろな美容整形を組み合わせるのが主流になっています。その方法として次のようなものがあります。脱脂術とリポトランスファーと脂肪注入法の組み合わせです。これら3つをセットにして目の下のクマを治療するのです。まず、脱脂術で目の下のあたりのたるんだ脂肪を取り出します。そのあとに取り出した脂肪を特殊加工して、目の下のところに再び入れます。これがリポトランスファーです。通常はここまでの施術が一般的なのですが、脂肪を入れてもまだ窪んでいたり、不自然に見えたりすると、脂肪注入を粉います。これによって自然にふっくらとした肌が出来上がります。

目の下のクマを治療するのにこのような方法を用いるのが主流になっていますが、何もクマだけではありません。笑ったときに目の下にへこみがでるような人にもおすすめの方法です。取り出す脂肪は目の下とは限らず、太ももやお腹の脂肪を使うこともあります。ダウンタイムはあまりありません。中には腫れが出る人がまれにいますが、2、3日もしたら自然に治ります。内出血もほとんど起きません。ただし、腫れが出てしまった人は施術後の入浴は禁物です。お風呂に入ると身体が温まるので、腫れが大きくなることがあるからです。その点は注意が必要です。施術方法の相場価格の目安は、400,000円程度です。そして、施術時間は2時間程度で済みます。

顔の黒ずみの要因とは

顔の手入れ

目の下にクマがありますと、疲労して見えたり、あるいは年老いて見えたりすることが頭痛の種といえます。クマと 簡単に言いましてもひとつひとつ要因が違いますので、ご自身のクマは いずれに相当するか考える必要があります。

読んでみよう